がおのブログ

日々感じたことをゆるり。

個人的おすすめイレブン プレミアCDM編

こんにちは、がおです。

今回は、個人的おすすめイレブン プレミアCDM編をお送りいたします。

 

◯ デクラン・ライス(ウエストハム

◯ フィリップ・ビリング(ボーンマス

◯ フェルナンジーニョマンチェスター・シティ

◯ ルカ・ミリフォエヴィッチ(クリスタル・パレス



 

 

 

 

 

◯ デクラン・ライス(ウエストハム

 

若手有望株の一人であるデクラン・ライス、今季は出場機会が限られているものの、次世代のイングランドのアンカーを担う存在であることに間違いはない。持ち味は、その長身をいかしたインターセプト。降格圏内にいるチームなだけに来シーズンは何色のユニフォームを着ているか、注目だ。

 

◯ フィリップ・ビリング(ボーンマス

 

昨シーズン、チャンピオンシップに降格したハダースフィールド・タウンより移籍してきたビリング。今シーズンはレルマとコンビを組む形での出場が増えている。長身を活かしたコンタクトの強いプレーと戦況を読んで攻撃参加する姿はチームの中心といっても過言ではない。攻撃精度に磨きを増せば、より高品質なプレーも期待できる。



◯ フェルナンジーニョマンチェスター・シティ

 

マンチェスター・シティを長年に支えているいぶし銀。守備的要素はプレミアトップクラス。戦況をよんだポジショニングと統率力はコンパニが抜けたチームの柱を担うには十分か。年も重ねて来ており、その姿を見ることができるのは残り数シーズンではあるが、衰えを感じさせないプレーでリーグを席巻してほしい。

 

◯ ルカ・ミリフォエヴィッチ(クリスタル・パレス

 

試合展開を読みながらパスを展開する能力で言ったら、プレミア随一。足元のうまさはお手の物。パレスの司令塔。この人ぬきでは試合が成立しないほどの強さ。今シーズンはトップテン入りも射程圏内で、このままチームを押し上げてほしい。



次回は、個人的おすすめイレブン プレミアCM編をお送りします。